私は良い事を思いつきました。自分で言うのもなんですが、いつも何か壁にぶち当たるとすぐに他の良い方法が見つかるのが私の才能です。今までの仕事でも同様でした。事業が思わしくなくなった時にはすぐに良い案を思いつきます。学生時代の時にもそうでした。友人が何かに悩んでいたらすぐに解決策を導き出してあげていました。こんな才能は経営者としては当然の事なのですが。

 

いったい何を思いついたかというと、インターネットでの愛人募集の方法です。愛人契約目的のサイトが存在しないのならSNSを使えば良いと思いついたんです。

 

実は私も最近になってフェイスブックを始めたんですよ。きっかけは秘書の薦めだったんですが、やってみると意外に面白い。プライベートなことから仕事のことまで、様々なことを世間にアウトプット出来るので非常に便利です。これを使えば愛人だってすぐに見つかると思ったわけですが…

 

よくよく考えてみるとこれはとても不効率だという事が分かりました。何せSNSは利用している人の目的がバラバラです。専門掲示板ならお互いの目的がはっきりしていますが、SNSは相手が同じく愛人契約を目的にしているか定かではありません。そうなると女性と出会えたとしても関係が発展する確率は非常に低くなります。

 

それにSNSで愛人を探しているなんて書き込みをしたら、知り合いにも見られてしまいすぐにばれてしまいそうです。それは危険すぎます。やる前に気付けて良かったです。もしまた安易に考えて書き込みをしていたらと思うと、血の気が引くくらい恐ろしいことですね。社員にも知られてしまい、社長としての信頼を失ってしまいます。妻にばれたら…いっかんの終わりです。

 

やはり愛人を作るには、お互いの目的が一致していないと難しいですね。